サービス一覧

離婚の弁護士費用は、離婚そのものの弁護士費用と慰謝料・財産分与などの民事交渉の弁護士費用の2種類となります。
例えば、離婚に関する着手金が30万円、報酬金が30万円、合計60万円だとすると、これは離婚そのものの弁護士費用になります。
この離婚で1000万円の慰謝料、財産分与を求めた場合は、民事交渉の弁護士費用もプラスされるのが一般的です。
たとえば、1000万円の請求の場合、民事訴訟では、着手金59万円、報酬金118万円になりますので、合計177万円の弁護士費用がプラスされます。
このように離婚の弁護士費用は2段階になるのが一般的ですが、旧報酬規程に沿った費用計算で、2段階にしない弁護士もいれば、慰謝料などの金銭部分は、その法律事務所の規程で安くしている事務所もありますので、相談する弁護士にきちんと確認しましょう。